Contact

リーガルブレイン
社労士・行政書士事務所 大阪府堺市堺区南瓦町1-19
グラン・ビルド堺東707
0120-976-646

人材育成コース

概  要

有期契約労働者等に
・一般職業訓練(Off-JT)
または
・有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JTとOJTを
 組み合わせた3~6か月の職業訓練)

を行った場合に助成されます
※趣味・供与と区別のつかない訓練などは対象外です。
※受講する対象労働者数に制限はありません。

支 給 額

1訓練コースにつき以下の額が支給されます
●Off-JT分の支給額
   賃金助成・・・1人1時間当たり 800円(500円)
   経費助成・・・1人1時間当たり 20万円(15万円)を上限
●OJT分の支給額
   実施助成・・・1人1時間当たり 700円(700円)
()内は大企業の額

<1年度1事業所当たりの支給限度額は500万円>
※1 1人当たりのOff-JTの賃金助成時間数は1コースにつき、1,200時間を限度とします
※2 1人当たりのOJTの実施助成時間数は1コースにつき、680時間を限度とします

人材育成コースの対象となるOff-JTの経費

事業外訓練 受講に際して必要となる入学料、受講料、教科書代など
事業内訓練 1.外部講師(社外の者に限る)の謝金・手当
  (所得税控除前の金額。旅費・車代・食費・宿泊費などは対象外)
  ※1時間当たり3万円が上限です
2.施設・設備の借上料
  (教室、実習室、マイク、ビデオなど、訓練で使用する備品の借料で、
  支給対象コースのみに使用したことが確認できるもの)
3.学科または実技の訓練に必要な教科書などの購入または作成費
  (支給対象コースのみで使用するもの)

ポイント

人材育成コースについては、キャリアアップ計画の確認後(同時提出可)、訓練計画届を作成し、管轄労働局長の確認を受ける必要があります。

訓練計画届とは?

訓練計画届は、申請する事業所が、いつ、どこで、どのような訓練を、何人の労働者に受けさせるか、を記載した職業訓練計画です

訓練計画作成に当たっての留意点
  1. キャリアアップ計画に基づいた訓練計画を作成する必要があります
  2. 作成する訓練計画は、一般職業訓練または有期実習型訓練になります
  3. 労働局またはハローワークに提出する必要があります

※ 提出日から6カ月以内に訓練を開始することが必要です。

ポイント

人材育成コースのうち、有期実習型訓練を実施する場合は、訓練開始までに、対象者に対して「ジョブ・カード」の交付が必要です。

ジョブ・カードとは?

  1. 履歴シート
  2. 職務経歴シート
  3. キャリアシート
  4. 評価シート


上記4つのシートからなるファイルのことです。
は、履歴書よりも詳しい自己PRのシートであり、有期実習型訓練を希望する者(求職者、在職者等)がハローワークやジョブ・カードセンター等に所属する登録キャリア・コンサルタントと相談しながら作成、交付を受けます。交付を受けたジョブ・カードは有期実習型訓練を実施する企業等への応募書類として活用します。
 は、訓練の成果を評価するシートであり、事業主をあらかじめ、訓練の評価項目を設定し、訓練終了後に評価項目に沿って訓練生を評価したうえで、評価シートを訓練生に手交します。